NEIGHBORHOOD

湖都コーポレーションの
価値観やセンスで
キュレーションした
地元・滋賀県の
素敵なお店や
アクティビティを
ご紹介します。

磁器本来の美しさをカタチに

@光工房 ギャラリー

近江八景でも有名な比良の麓。

細い並木道を通っていくと、職人さんたちが集ういくつかのアトリエがあります。

そこで、焼き物の世界に没頭する職人、河合正光さんにお話を伺いました。

京都府出身の河合さんは宇治の工房で修業され、一人前になるには

およそ10年かかると言われている磁器の道にどんどん吸い込まれていき、

気づけば10年以上修業を積まれていたそうです。

その後独立を決意され、自分の工房を持つ場所を探し求められました。

そんな時に出会ったのが、琵琶湖の美しい景色だったそうです。

そして、1997年に琵琶湖が一望できる小高いこの場所で、

「光工房」をスタートさせます。

磁器本来の白さを保ち、ありのままの作品を作り続ける河合さん。

磁器が窯から出た瞬間が一番“ 楽しい ”と言っておられました。

工房には、素敵な作品がたくさん並んでいます。

仕事終わりでも、工房に籠り試行錯誤を重ねる日々。

『 これが一番 』というモノになかなか巡り合えておらず、

もどかしい気持ちで磁器に向き合われているそう。

ですが、その思いが焼き物を今でも続けられる

信念になっているのではないかと思います。

作品を作るうえで機能美と面白さの両立を意識し、

日々“  いいモノ  ”を追い求めておられます。

この考えは私たちの仕事にも通ずるところがあると感じました。

追求心を絶やすことなく燃やし続ける河合さんは、磁器というものに対して

「 磁器は薄くて割れそうだと懸念されがちだが、

薄いからこそ丈夫で長持ちする。 」

「 もっと多くの人に磁器の良さを知ってほしい 」と言っておられました。

皆様もぜひ一度、磁器をその手に取り、

手の中に包み込む“ ここちよさ ”を体験してみてはいかがでしょうか。

お気に入りのひとつにきっと出会えるはずです!

『 光工房ギャラリー 』

〒520-0501 滋賀県大津市北小松1482-9

℡/ 077-596-0604

E-mail/ masamitu@nike.eonet.ne.jp

営業時間/ 10:00~17:00

※不定休の為、ご来店の際はお電話にてご確認ください。