NEIGHBORHOOD

湖都コーポレーションの
価値観やセンスで
キュレーションした
地元・滋賀県の
素敵なお店や
アクティビティを
ご紹介します。

【番外編】悠久の大自然

@屋久島

今回は番外編!という事で、いつもとは少し違ったNeighborhoodをお届けしたいと思います。滋賀県から飛び出してはるばる世界遺産の大自然の島、屋久島まで行ってまいりました。昨年、湖都コーポレーションはありがたいことに10周年を迎えることができ、お祝いも兼ねての社員旅行でした♪

 

みなさまもよくご存知かと思いますが、『もののけ姫』のモデルとなった島。今でも手つかずの大自然が残されていてパワースポットとしても人気ですよね。

人口は1万4千人。サル・シカは2万匹と言われています。周囲130kmで車だと約3時間で一周できるという小さな島ですがそのうちの90%は神秘的な山々が空に突き出すようにそびえたっています。

 

南の島なので冬でも温暖な気候をイメージしていたのですが、それは海沿いの平地だけ。あとは標高1000mを超す山々なので、平地との寒暖差は10度以上なのです。南の島にもこれだけ寒い場所があることに驚きでした!この地形によって、日本列島の気候が一つの島で体感できるのです。『1月のうち35日は雨が降る』と言われるほど雨の多い屋久島は土の養分も流れていきやすい。この過酷な環境が生命力の強い神秘的な森を育てているのですね。

 

 

・ヤクスギランド

標高1000~1300に広がる森。その名の通りたくさんのヤクスギを鑑賞できます。江戸時代に伐採し利用されなかった根株や倒木が今でも腐ることなく残っています。

この日は天気もよく、気持ちよく森林浴を楽しめました!

 

樹齢3,000年といわれる“紀元杉”。 花崗岩からなる屋久島は土壌の栄養が乏しく、杉はゆっくりと成長していきます。そのため緻密で樹脂が多く、腐りにくい長命な樹になるそうです。

 

・大川の滝

読み方は“おおこ”。日本の滝百選にも選ばれています。  落差80mで水幅も大きいため写真では伝わりにくいですが、大迫力!!       水量はこれで平均的。多い時は倍以上になるそうですよ!

 

 

・西部林道

 

世界遺産に登録されている地域です。

野生のヤクザル、ヤクシカが間近で見られます。本土の猿、鹿より一回り小さく可愛らしいです。

 

・白谷雲水峡

この日は雨。たまにあられが降ったり、強風にさらされたりしながらのトレッキングでした。人ひとり分しか通れない階段やでこぼこ道をくぐりぬけていくと次第に『もののけの森』の景色が広がってきました!

ほんとうに”こだま”が住んでいそうですよね。

苔の水滴が反射してきらきらして見えました。

トレッキング中盤。まだまだ元気です(笑)

寒さも忘れるほどみんな夢中でのぼりました。

白谷雲水峡で一番大きな杉『二代大杉』に到着です。倒木した一代目の杉の上に芽吹いた木が成長したもので写真に納まりきらないビッグサイズ!

 

 

キレイな水に恵まれ、美味しい食べものやお酒も豊富で自然のエネルギーを体感できる素晴らしい島でした。

番外編ということで今回は特別に屋久島の旅をお届けしました。♪